2009年07月25日

ある意味フィリピンの交通網は正しいかも

今日の毎日jpに、政府がエコ対策としてマイカーを止めて自転車で、徒歩で・・・と言う記事を出した。

地球温暖化防止の観点でこのような取り組みを始めだしたのであろうが、根本的な自動車対策が先かと思いますけど・・・。

日本の場合、電車、バス、タクシー選択肢は多いですが、その隙間を埋める感じのものが無い様に思います。

バス・・・これは停留所〜目的地まで乗りますが、時間が不規則であったり・・・。

停留所に止まってて、あわてて手を上げて走っても時間で出発されてしまったり・・・悲しい思いをする方も多いかと・・・。


電車、これは言うに及ばすひっきりなしに電車が来ますし、時間が正確。


タクシー・・・便利ですが、最近マナーの悪い、質が悪いドライバー急増。ある意味料金トラブルが無いくらいで、フィリピンのタクシーみたいになって来ている感じがする。


そこで、最近は目にするのですが、ワゴンタクシーをもっと増やすか、ジプニーのように路線を多く決めて、細かく乗り合いで行き来する乗り物もあっても良いのでは?と思います(個人的に)

バスだと大きくて問題もありますが・・・とにかく本数が多ければ良いですよね。しかもハイブリッドの車両ならなお更良いですよね・・・。


フィリピンを考えると、マイカー普及率は日本のその昔のような感じです。公共の乗り物の使い方がやはり日本も課題かと思います。

マイカーが無かったら・・・そういう観点でものごとを考えていくと、自然にエコに繋がるのかな・・・。


アジア在住の日本人によるブログ

続きを読む
posted by site orner at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。