2004年11月21日

レイテ島訪問記【パート2】

前回はタクロバンのレイテ国内空港から出発してビリーランまでのお話しを少し書きましたが、今回はその続き・・・。ワンクリックで現状を知る。

ビリーランに到着したのは辺りが暗くなってからである。
この地の名は “Pinamihagan”と言う所・・・。

道路から細い道に入っていく、段々と坂になっている。
周りからは波の音が聞こえてくるのが分かる。

その細い道の両側には家々があり、聞くところに依ると従兄弟や親類達が住んでいるのだと言う。

海岸に出る手前に一件の家があり、その家にみんな入っていく・・・。

アサワの実家は海岸沿いにあった・・・・。

中にはいると7〜8人は居ただろうか、丁度晩飯時で賑わっていた。

一通り挨拶を済ませ、アサワの祖母に挨拶に行く。

マノポ(フィリピンでは目上の人に対して、相手の手を取り自分の額に手をあてる挨拶の仕方)をして丁寧に挨拶をした。

初めてのアサワのバハイ・・正直カルチャーショックが無いと言ったら嘘になるが、慣れるのに時間が掛かった。

表現すれば、キャンプなどに行ったときに利用するバンガローみたいな作りのバハイである。思わずキャンプ場を思い出してしまった。

海岸沿いと言う事もあり、立派な建物を造るわけに行かないそうだ。
台風などが来た場合壊れるからだ・・・その話を聞いて納得した。

さて、疲れも溜まりひとまず休むことに・・・所が寝る場所に困った!
寝場所は無いわけではないのだが・・そこで親戚のバハイに泊めて貰うことになった。

このお宅は海岸から車を止めた場所に戻った所の近くにあり、立派なバハイでコンクリート作りでパサイの我が家と同じ環境なので助かった。

一時間位談笑し、起きているのもまま成らず床に就いた。

翌朝・・目覚めて少ししたら、アサワが私を迎えに来てくれた。

昨晩アサワは自宅で久しぶりにゆっくり休んだそうだ。

改めて周囲を見渡すと集落であることが理解できた。
次々と近所の連中が訪れてくる・・日本人が来ているとの情報で集まりだしてきたのである。

目の前の海も穏やかで、私たちを歓迎してくれているようである。
持参したカメラで撮影会の始まり?兄弟全員と親戚縁者次から次にファインダーに入ってくる。

モーターバイクが騒音を立ててバハイに近ずいて来た、アサワのやんちゃ者の弟である。
みんなバイクは大好きで、アサワのタタイは此処でバイクのドライバーをしているのだが、肝心要のバイクが壊れているため今はその仕事が出来ないで居る・・・。

私もバイクは好きなので、少しだけ乗せて貰うことにした。
そのバイクは日本のスズキ製で、今では日本で余り見かけない小型バイクである。
排気量は125ccあたりであろうか?早速トライ!!

心配だと言うのでアサワの兄弟2名が同乗、3人乗りだ!

少しだけのつもりが、悪路の通を隣町の方に向かう・・・。
この辺りも途中、数カ所だけ舗装路であとは全て石ころだらけのダートな通である。

途中の集落では日本人の私が、フィリピーノ2名を従えてバイクを運転している姿が珍しいのか、熱い視線を送ってくる。

レイテの風を全身に受け、走る・・・滅多に出来ない体験である。

まだまだ先に進みたいのであるが、この日はあいにく朝から雨が降っていて路面状況が悪い為、帰りのことも考えて引き返した。

案の定全身泥だらけ、モトクロスレーサーの様になってしまた。

着替えを終えてから、アサワと二人で近所にある聖堂にお参りに行くことに。
信仰心が厚い事もあり、聖堂は周りのバハイから比べると立派に感じられた。
旅の安全とアサワの家族の事などをお祈りした。

海岸にこの辺りの社交場である場所があり、ビリヤードの台が一台ある。
そこを覗きに行くとかなりの人で賑わっている。
あんたもビリヤード出来るか? の言葉に日本代表として一戦交える事にした。

結果2勝1敗!!私が勝った・・・。

そうこうしていると、せっかく楽しく成ってきたこの地ともお別れの時間が来てしまった。

荷物をまとめアサワの家族に再会の約束をし、別れを告げた。
たった一日の滞在であったが、とても良い体験をさせてもらった・・。

この地からタクロバンまで私たちの車にアサワのタタイも一緒に乗り込む・・
途中の集落でアサワの友人がタクロバンまで行くというので、彼女も同乗することに・・・。

暫くすると、一台のバイクが我々の車を追い抜いてきた・・。
ヤンチャ坊主の兄弟達だ!!

我々を途中まで見送りに来てくれたのである。
コレにはさすがに感動してしまった。

国が違い、言葉も違っても友情は世界共通 改めて素晴らしさを体感した。




駆け足でのご紹介でしたが、次回はタクロバン滞在記をお送りします。

皆さんも機会があればレイテ島に足を運んでみてください。
きっと素晴らしい出会いや体験が出来ます。

それでは・・・つづく
posted by site orner at 04:14| Comment(4) | TrackBack(0) | フィリピン旅情編(情報館) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして ニンと申します。
偶然あなたさまの「レイテ島訪問記」を見つけ
楽しく読ませていただきました。
実は私のアサワもビリラン出身です。
初めて行ったのは15年位前になりますか?
Cabucgayanの近くです。
Pinamihaganと言う所がどこかは知りませんが、よろしければ情報交換でもしませんか?
私も色々と知りたいことがあるので。。。
まずは、挨拶方々
Posted by ニン at 2006年02月07日 21:26
ニンさん

はじめまして!コメントありがとうございます。
もう既にかなり前の出来事のこの記事ですが、お読みいただきありがとうございました。

ビリランに関する情報は今でも少ないと思います。
アサワの実家ですので、詳しい話などいつでも聞けますので・・・近いうちにアサワとベビーと里帰りも考えています。

こちらこそよろしければ情報交換させてください。
今後とも宜しくお願い致します。

Posted by @babaero at 2006年02月07日 22:57
Dear ババエロさん
ごめんなさい、本当にごめんなさい!
2月7日に私が書き込みをしてすぐに、お返事を書いて
下さっていたんですね?
今思えば、何をどう勘違いしていたのか?
返事がどうも無いみたい?と思いそのままで月日が
経ってしまいました。
こちらから勝手に書き込みをしておきながら、無視を
してしまった形になってしまい、申し訳ありませんでした。

その後いかがですか?
里帰りはなさりましたか?
何か情報がありましたら、教えて下さい。

私の方はビリーランに土地を購入しました。
農地ですが「6643u」です。都会育ちの私には余り
ピンときませんが・・・(笑)

今日実家に電話をした所ビリーランに新しくビーチを
作る計画があるとか、ないとか?
何か知っていましたら、教えて下さい。

しつこいようですが、重ねてお詫びいたします。
今後とも宜しくお願いします。

※書き込みがどうもうまくいかないようです。
よろしければ、直接メールアドレスにメールいただけますか?

Posted by ニン at 2006年06月04日 16:57
ニンさん・・・

お久しぶりです♪
いえいえ、おきになさらずにどうか・・・。

うらやましいですね?土地購入・・・。
またメールを差し上げますので・・・情報交換いたしましょうね!!

それでは♪
Posted by @babaero at 2006年06月06日 19:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。