2009年07月25日

ある意味フィリピンの交通網は正しいかも

今日の毎日jpに、政府がエコ対策としてマイカーを止めて自転車で、徒歩で・・・と言う記事を出した。

地球温暖化防止の観点でこのような取り組みを始めだしたのであろうが、根本的な自動車対策が先かと思いますけど・・・。

日本の場合、電車、バス、タクシー選択肢は多いですが、その隙間を埋める感じのものが無い様に思います。

バス・・・これは停留所〜目的地まで乗りますが、時間が不規則であったり・・・。

停留所に止まってて、あわてて手を上げて走っても時間で出発されてしまったり・・・悲しい思いをする方も多いかと・・・。


電車、これは言うに及ばすひっきりなしに電車が来ますし、時間が正確。


タクシー・・・便利ですが、最近マナーの悪い、質が悪いドライバー急増。ある意味料金トラブルが無いくらいで、フィリピンのタクシーみたいになって来ている感じがする。


そこで、最近は目にするのですが、ワゴンタクシーをもっと増やすか、ジプニーのように路線を多く決めて、細かく乗り合いで行き来する乗り物もあっても良いのでは?と思います(個人的に)

バスだと大きくて問題もありますが・・・とにかく本数が多ければ良いですよね。しかもハイブリッドの車両ならなお更良いですよね・・・。


フィリピンを考えると、マイカー普及率は日本のその昔のような感じです。公共の乗り物の使い方がやはり日本も課題かと思います。

マイカーが無かったら・・・そういう観点でものごとを考えていくと、自然にエコに繋がるのかな・・・。


アジア在住の日本人によるブログ

エコ通勤:マイカーやめ自転車で徒歩で…政府が後押し

マイカー通勤から自転車や徒歩など環境に配慮した通勤手段への切り替え促進に国が乗り出す。環境省は電動自転車を貸し出す企業を支援するほか、国土交通省は「エコ通勤優良事業所」の認証制度を始めた。【下桐実雅子】

 環境省は今年度、約6000万円を計上し、埼玉県、兵庫県、京都府の3カ所でモデル事業を実施する。このうち埼玉県では、JTB首都圏(東京都千代田区)が9〜11月、入間市商工会や熊谷市内の商社など4事業所に電動自転車約25台を貸し出す。マイカー通勤者が乗り換えて通勤に利用するほか、日中の営業活動にも使う。

 同社交流事業推進室は「モデル事業の結果を踏まえ秋以降、全国の都市で、企業や自治体向けに電動自転車貸し出しの説明会を開くなどして広げていきたい」と話す。

 兵庫県篠山市では、市の施設を管理運営する一般社団法人「ノオト」が8月から、市役所近くに仮設駐輪場を設置し、電動自転車を配置する。朝夕は市職員らが通勤に使い、日中は観光客に貸し出す。同市はこれとは別に、経済産業省の支援でJRの駅前や駐車場近くに自転車計約150台を設置する。マイカー乗り入れが8割を占める観光客に、公共交通機関や自転車利用を促していく。

 国交省は、エコ通勤に自主的に取り組む30事業所を認証登録した。登録されたのは、徒歩の通勤手当(月1000円)を新設し、通勤時の送迎バスを増便したメーカー(静岡県磐田市)▽自転車通勤手当を新設し駐輪場を拡大した工場(福井市)−−など。このほか、マイカー通勤の自粛期間に応じて報奨金(1年の自粛で月3000円)を出したメーカー(東大阪市)も含めて、事例集をホームページで公表し、普及を図る。認証は随時行う。

 同省は昨年度、エコ通勤の呼びかけに応じた603事業所へアンケートした。それによると、エコ通勤の取り組みで、通勤に伴う二酸化炭素排出量が約12%減ったと推計されるという。

【関連記事】
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090725k0000e040049000c.html

アジア在住の日本人によるブログ
posted by site orner at 16:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。