2005年03月02日

新しい可能性・・・・。

最近PCをいじくりまわす機会が増えている。
以前は時間はあるのだが、暇が無く何だかんだと時ばかり過ぎていった・・・。

ハードをいじるのでなく、いろんなブログやネットサーフが最近の傾向なんですが、いろんなサイトを見てると最近、SNS (ソーシャル・ネットワーキング・サイト)がこれから段々主流になりつつあると書いている。HP・ブログと続き、次はSNS・・段々そうなっていく事は理解できる様な気がする。

SNSのサービスも段々と充実してきている。ブログ・スケジュール・グループ管理・掲示板・アンケート・アルバム・メルマガ・メーリングリスト・チャットなどなど・・・機能充実になってきている。またグループ・メンバーだけで共有できるところもなかなか面白いと思う。

所謂一見さんお断りと言ったシステム・・招待制である。
私の友人達もSNSをこれからの主流になると見ている。

招待されれば直ぐに気を使わず何でも話せるし、参加できる。
招待されない人は・・・悲しい〜〜〜 これで関係がはっきり分かる。

逆にこのシステムが嫌いな人もいるでしょう。いいと思えば悪いと思う人も存在する。
いい面悪い面あると思うが、流行として捕らえればふ〜んそうなんで程度で理解できると思う。コミニティーを作る上では良いツールだと思う。

SNSについて調べてみたら、 ソーシャルネットワーキング 別名 :Social Networking Site

参加者が互いに友人を紹介しあって、新たな友人関係を広げることを目的に開設されたコミュニティ型のWebサイト。誰でも自由に参加できるサービスと、「既存の参加者からの招待がないと参加できない」というシステムになっているサービスがある。

自分のプロフィールや写真を公開する機能や、新しくできた「友人」を登録するアドレス帳、友人に別の友人を紹介する機能、サイト内の友人のみ閲覧できる日記帳、友人間でのメッセージ交換に使う掲示板やカレンダーなどの機能が提供される。

有料のサービスもあるが、多くは無料のサービスとなっており、サイト内に掲載される広告や、友人に本やCDなどの商品を推薦する機能を設け、そこから上がる売上の一部を紹介料として徴収するという収益モデルになっている。

2003年頃相次いで誕生し、検索エンジン大手のGoogle社が「Orkut」というソーシャルネットワーキングサイトを開設したことで話題になった。

IT用語辞典e-Wordより


実際アンケートや調査では賛否分かれているみたいだ。
そのアンケートについてはこちらを参照してみてください。


いずれにしてもキーワードはコミニティーである。
この発展型のビジネスケースも既に登場して、アナログの世界(実社会)でも既に展開している。

それの良い例がソーシャルネットワーキングBAR である。
聞きなれない方のほうが多いかと思いますが、一見さんお断りのBARです。
最近は建前で会員制と謳ったバーやクラブなどがほとんどですが、今回ココで紹介しているBARは会員制・・・・。
ブログも書いている・・・詳しくはこちらをご覧ください。

古い所では、京都の祇園・・舞妓さんと宴席で楽しみたくても一見さんは絶対お断りで、しっかりした素性の人で紹介者が無ければ座敷にも上がれない。
京都では一見さんお断りがかなり有りますしね・・・。

つまり、コミニティーを大切にする事とその世界を守るため・・・古くからある一番の方法なんですね。

皆さんもご自分のコミニティー作りにSNSを利用されてみては如何でしょうか?

posted by site orner at 14:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。