2005年03月17日

通貨・・ペソ。

ご承知の通り、フィリピンで使われている通貨は フィリピン・ペソであるが。
この通貨、ペソに関して触れてみたいと思います。

pesoは、かつてスペイン植民地であった国々で使われている(使われていた)通貨単位のこと。

現在インフレなどの理由により通貨を変更し、今ではペソという名称ではなくなった国も多い。

exclamation
ボリビアなど、通貨名称をペソ以外に変えた国で、日常会話で物の値段を言うときに、今でも「ペソ」と呼ぶことがある。

ペソを使っている、または使っていた国では、100分の1の補助単位も用いられる。この補助通貨単位はセンターボと呼ばれることが多い。ただし、インフレにより実際に流通する金額の桁数が大きくなってしまっている国ではセンターボ硬貨は流通していない。

現在通貨単位がペソである国は以下の通り。

アルゼンチン、ウルグアイ、キューバ、コロンビア、チリ、ドミニカ共和国、フィリピン、
メキシコ の8ヶ国である。

フィリピン・ペソは、フィリピンの通貨単位で、補助通貨はその1/100のセンタボ。

紙幣の券種には500、100、50、20、10、5、2ペソがある。
images3.jpg
硬貨には2、1、ペソおよび50、25、10、5、1センタボがある。

フィリピン・ペソの発行は、フィリピン中央銀行が行っている。
フィリピン中央銀行.bmpフィリピン中央銀行

フリー百科事典ウィキペディアよりデーター引用読者の方から指摘がありましたので、現在使われている紙幣として下の紙幣を追加・追記します。

20p.jpg20ペソ


50p.jpg50ペソ

100p.jpg100ペソ

500p.jpg500ペソ

1000p.jpg1000ペソ



この記事へのコメント
紙幣には,P1000やP200も有りますし又,硬貨にはP10も有ります.P10以下の紙幣やP2,10センタボ以下の硬貨はここ1〜2年見たことが無いです.いつの時代の話でしょうか?

Posted by きんぴー at 2005年03月17日 17:09
>きんぴーさん
はじめまして、ご指摘有り難うございます。
もちろんありますが、このコーナーは歴史を振り返ってみるカテゴリーになっています。
誤解を与えているのならばお許しください。
Posted by @ババエロ at 2005年03月17日 17:18
>ババエロ様、どもですぅ。

そう言えば、日本も戦前に『銭』とか有りましたけど、今は無いですもんね。

更に、200年後、こんな感じになってたりして・・・。

「・・・次のニュースです。

本日、国会で『1千億円紙幣』を発行する議案が可決されました。これに伴い、『1万円硬貨』は「銅合金」から「アルミ合金」に変わり・・・・・」

・・・なんて・・・。(^^;
Posted by 旅蟻 at 2005年03月17日 21:59
>旅蟻さん

コメントどもです。
通貨の情報って意外と伝わらない事もあるんですね、フィリピンの通貨はあとからアップしたものが主流ですが、データーを参照した先は古いデーターですからそこも変えてもらわなければね・・。
通貨マニアではないからな〜〜。

いまは目にする機会がない500円札でも立派に使えますから、お金はお金ですね。
Posted by @ババエロ at 2005年03月17日 22:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。