2006年11月18日

家族を襲った火事・・・。

火災はその全てを焼き払ってしまいます・・・。

浜松で起きた火災、幸せな家族を襲った・・・・。

あと少しで日本も12月はクリスマス・・・そんな矢先に・・・。

お亡くなりになられた方のご冥福を心からお祈りいたします。
また、ご家族関係者の方々にはお見舞い申し上げます・・。


>>火災 住宅など4棟全半焼 4人死亡、1人重体 


>18日午前4時20分ごろ、静岡県浜松市住吉1、無職、原重秋さん(75)方から出火、鉄骨2階建て原さん方と隣接の自動車整備工場兼民家を全焼するなど5棟計615平方メートルを焼いた。

>原さん方の焼け跡から4人の遺体が見つかり、県警浜松中央署は行方不明になっている▽重秋さん▽重秋さんの二男で会社員、清二さん(43)の妻マリカさん(25)▽マリカさんの長男サントス・マイケルちゃん(7)=市立城北小2年▽マリカさんの兄弟の1人−−とみて確認を急いでいる。

>マリカさんの兄サントス・マロンさん(27)、弟サントス・マルセロさん(21)が同居しており、1人は逃げる際に2階から落ちたとみられ、頭を打って意識不明の重体。
 
>同署の調べでは、原さん方はフィリピン出身のマリカさんが来て7人暮らし。重秋さんの妻千代子さん(69)は逃げて無事、清二さんは夜勤で不在だった。近所の住民などによると、重秋さんは今年夏ごろから寝たきり状態だったという。清二さんには他に2人子供がいるが、マリカさんの実家に預けられていたらしい。
 
>現場は同市中心部から約2キロ離れた住宅街。半焼したアパート1階の自営業、鈴木嘉勝さん(62)は「起きて気付いたら台所の窓が真っ赤で、ミシミシ鳴っていた。まずいと思って逆の窓から逃げた」と話した。原さん方の向かいに住む男性会社員(52)は「窓から落ちたのか、道に男性が倒れていて顔がひどくはれていた」と話した。【竹地広憲】

(毎日新聞) - 11月18日17時13分更新より引用・・・。

出火原因など詳細はニュース報道では書かれていないようですが、みなさんも火の始末には十分にお気をつけ下さい。
posted by site orner at 18:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。