2005年05月27日

バック・トゥ・ザ・フューチャー・・(発見?日本兵 続報)

このブログでご紹介したミンダナオでの日本兵発見?のニュースの続報がありました・・・。

とても興味をそそられる事が・・・・。

「旧日本兵:比で生存 男性2人、大使館員に面会求める」

>在フィリピン日本大使館は26日、フィリピン南部ミンダナオ島で旧日本兵と思われる80代の男性2人が大使館員との面会を求めてきたと明らかにした。大使館員が27日朝、現地入りした。午後に同島ジェネラルサントス市内のホテルで2人と面会する。

>男性2人は、山川吉雄さん(87)=大阪市西区出身=と中内統喜さん(85)=高知県明治村(現・越知町)出身=とみられる。大使館関係者によると、面会要求の情報はミンダナオ島在住の別の日本人から大使館に提供された。2人は同市に近い山中に暮らし、日本兵だったことを示すものを所持しているという。


>2人が所属していた旧陸軍30師団の戦友会「豹(ひょう)の会」代表の市川豪弌さん(90)=東大阪市=や、同国やニューギニアなど南方地域で遺骨収集をしている慰霊事業協力団体連合会の寺嶋芳彦会長(86)=埼玉県川口市=が、情報を得て救出活動を続けていた。

>寺嶋会長によると、昨年8月、長崎県内の男性から「ミンダナオ島で材木商を営む妻が、反政府ゲリラと共生している旧日本兵を見た」との連絡を受けた。同12月に寺嶋さんらがゲリラと接触。情報提供してきた男性の妻にも話を聞き、山川さんと中内さんが島南部の密林地帯で生活していると判断したという。

>また他に、同師団の野戦病院にいた桜井令一さん(93)も、島北部で生活しているという。


>このため寺嶋会長は、日本とフィリピンの両国間の交渉が必要とみて豹の会の市川さんに連絡。市川さんは今年2月、厚生労働省に対し、3人を救出するよう嘆願書を出していた。

>同師団は1944(昭和19)年に同島に上陸。連合国軍の追撃で、島中央部のジャングルへの敗走を余儀なくされた。3人の家族には戦死公報も届いている。【ジェネラルサントス(フィリピン・ミンダナオ島)大澤文護、平川哲也】

毎日新聞 2005年5月27日 11時32分より




裏づけと確認などが取れているようなので、事実かと思う。
しかし何か複雑な気持ちに駆られるのですが・・・・。

戦争を知らない世代として・・・・。


この部隊について次のように紹介もされていた・・・・。

>【ことば】第30師団 1943年5月に日本が統治していた北朝鮮の平壌で編成された。総員約1万5000人。フィリピン・ミンダナオ島の防衛に派遣され、45年3月以降、上陸する米軍や島内の抗日ゲリラと戦闘を繰り広げた。戦闘のほか、食料不足や密林地帯での伝染病感染で45年8月の終戦時の生存者は約3000人とされる。太平洋戦争中、フィリピンでは同島より北のルソン島で日米両軍の主力が大規模な戦闘を行った。


フィリピンで起きたこの戦争に私も含めて、もっと沢山の方が興味をもたれればとも思います。

歴史をたまには振り返る事も必要かと・・・。
そしてその事実に触れた時、浮かれた気持ちではなく、違った観点でフィリピンを見る事が出来るかと思います・・・・。
posted by site orner at 14:17| Comment(0) | TrackBack(1) | NEWS/ニュース・フォルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

<旧日本兵>フィリピン・ミンダナオ島で生存情報?
Excerpt: Sankei Web 産経朝刊 戦後60年の「奇跡」「よくぞ生きて…」 比ミンダナオ島 旧日本兵(05/27 05:00)  戦後六十年の節目の年。旧日本兵とみられる二人が、フィリピン・ミンダナオ島..
Weblog: つらつら日暮らし
Tracked: 2005-05-27 14:30
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。