2005年11月25日

さだめ・・・buhay 第10話

あらすじ・・・・。


社長を送り届け、メリッサを自宅に送る山村・・・。

しかし、方向が違う・・。

なんと山村は大胆な行動に移り、社長の別宅であるマンションに車を向かわせた・・。エレベーターに乗り社長の居ない部屋へ・・・。

エレベーターの中ではメリッサは安心しているのか山村にもたれかかって身を預けている・・・・。


ほんのり酔っているメリッサ・・・。

エレベーターのドアが開き、部屋へと向かう二人・・・。


メリッサはソファーになだれ込むように座った・・。
山村はコップに水を注ぎ一気に飲み干している。


山村は横になっているメリッサの上着を丁寧に脱がし、抱きかかえベッドに向かった。

メリッサは身を任しているようであった。

「さあ、ゆうっくり寝られるね」

メリッサは軽くうなずいた。

山村はメリッサにキスを・・・。


首に手を回すメリッサ・・・・。







しかし・・・・。







山村の携帯が突然鳴り出した!

緊張が2人に走る・・・。

社長からか??






なんと着信の番号は・・・・63○○○で始まる番号・・・。


慌ててメリッサから離れる山村・・・現地に居る山村のアサワからの電話であった・・。

「アサワコ ナニシテル??」

聞きなれた声、久しぶりのアサワからの電話・・・。


複雑な心境の山村・・・。




次回に続く・・・。






posted by site orner at 16:23| Comment(4) | TrackBack(0) | 短編小説シリーズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりの小説だ〜!!
ワクワク!!

最後のオチがフィリピンからの電話だなんて、想像できませんでした。
Posted by ohmy_jack at 2005年11月25日 21:24
良くある状況ではありますね・・。
Posted by @ババエロ at 2005年11月26日 02:06
う〜ん、前回までのあらすじ忘れてる・・・
Posted by kei at 2005年11月26日 18:44
keiさん

もう一度前回の九話を読み返してください・・(プ
Posted by @ババエロ at 2005年11月26日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9791971
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。