2006年05月01日

単なる風物詩??

今日はフィリピンはメーデーで、祝日でもあります。
そんな、現地からのメーデーの様子を伝えてきているニュースですが、
現地では温度差があるようです・・。

普通に暮らしている一般市民には、あまり関係のないごく普通の日々・・。

あまり気にならないといった方が、本当なのではないでしょうか・・。

言ってみれば、メーデーの風物詩なのかな??

報道記事だけ見ると、凄いのかな?と思われるでしょうが、実際はごく一部でこうした行動をしているだけなんでしょうね・・・。






フィリピン、メーデーのデモ行進に最大8000人が参加



>[マニラ 1日 ロイター] フィリピンの首都マニラでは数千人がメーデーのデモに参加した。警察は厳重な警戒態勢をとっている。
 
>警察の発表によると、最大で8000人がマニラ中心部に向かって行進。付近にはおよそ5000人の警官が配備されている、という。
 
>労組の組合員らは、賃上げや燃料価格の引き下げのほか、アロヨ大統領の退陣などを要求、旗を振るなどしながら通りを行進していた。
 
>フィリピンでは、2001年のメーデーに、エストラーダ前大統領を支持するグループが大統領宮殿に押し入るなどの騒ぎが発生している。政府当局者は、今回もデモ隊が暴徒化する事態を懸念している。
(ロイター) - 5月1日16時25分更新より引用
posted by site orner at 18:35| Comment(0) | TrackBack(1) | NEWS/ニュース・フォルダー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。