2009年09月01日

ピープパワー/JP

審判の選挙が行われ、日本の政治に変化が起きた。
自民党政治が終焉し、民主党へと政権交代・・・。

日本の場合は、国民が参加している雰囲気が少ないが、ある意味のピープルパワーだったのではないであろうか・・・。

フィリピンも国民の手でピープル・パワーが起きた経緯がある。
マルコス政権打倒からその歴史は続いている。

これからの先行きは期待感もあるかと思うが、新しい政権のスタート・・・国民も始めての経験をこれから体験していく・・・。

不安もあるかと思うが、いろいろと新しい取り組みや制度も生まれるだろう。

新政権の門出にまずは乾杯と言った所である。
posted by site orner at 08:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日のコラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。